ソフトB柳田 WBCより視線はパ開幕 右肘の回復優先

[ 2016年12月7日 08:03 ]

ヤフオクドームを後にする柳田
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田がヤフオクドームで右肘のリハビリを行い、万全なら侍ジャパンに選出される可能性が高い来春のWBCより「開幕優先」の考えを明かした。

 「その時(来年3月)に状態が凄く良く、選ばれればですが(リーグ戦の)開幕に間に合えばいいと思う」。昨年11月に手術した右肘は今季後半に痛みが再発し、先月の侍ジャパン強化試合を辞退した。今のところ再手術せず、保存療法で回復を待つ方針。現状でキャッチボールを再開できず、3日からリハビリ組へ合流している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース