松坂、次回登板は14日 WL2度目先発も本拠地、80~85球予定

[ 2016年12月7日 08:24 ]

プエルトリコのウインターリーグで練習するソフトバンクの松坂
Photo By 共同

 プエルトリコのウインターリーグ、カロリナの一員としてプレーしているソフトバンクの松坂大輔投手の次回登板が13日(日本時間14日)に決まった。フェリシアーノ監督が6日、発表した。4回を1安打2失点だった前回の初登板と同じ本拠地でのカグアス戦に再び先発し、中9日で80~85球を投げる予定だという。

 松坂はこの日、ホーム球場で全体練習に参加。チームに合流後、初めて投内連係に取り組んでバント処理を行ったほか、外野の平らな場所で捕手を座らせて投げ「ブルペンの(投球練習の)代わり。調子は普通です」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース