Rソックス、上原と再契約せず 代理人「最低6球団が興味」

[ 2016年12月7日 08:58 ]

 米大リーグの球団関係者や代理人らが一堂に会するウインターミーティング第2日が6日、ワシントン近郊のホテルで開かれ、レッドソックスのドンブロウスキー編成本部長はフリーエージェント(FA)となった41歳の上原浩治投手と再契約しない方針を示した。

 チームは同日、ブルワーズとのトレードで今季67試合に登板して防御率2・15だった救援右腕ソーンバーグを獲得したと発表。ワールドシリーズ制覇に貢献した2013年から4年間プレーしたレッドソックスを離れる上原の代理人を務めるピーパー氏は「上原には最低でも6球団が興味を示している。こちらでプレーする機会は十分にある」と話した。

 レッドソックスはこのほかに、ホワイトソックスで今季17勝を挙げた先発左腕セールを若手有望株4選手との交換で獲得したことも発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース