ド軍ロバーツ監督 マエケンWBC出場で意味深対応 コメントが一転

[ 2016年12月7日 05:30 ]

ドジャースの前田
Photo By スポニチ

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督が5日、前田健太の来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場について意味深な対応をみせた。

 スポーツ専門局ESPN電子版によると、メディアの質問に「前田は出場しないんじゃなかったのか?」と答えた後に、球団職員と打ち合わせ。その後「出るかどうかは、私には分からない。彼が(出場を)決断すればサポートする」と発言を修正した。「確かに国を代表してプレーすることは重要なこと。でも来季へ備え準備することも、我々にとっては同じくらい大事なことだ」と語った。

 11月8日のGM会議の場では、ファーハン・ザイディGMが「今季は終盤に疲れが見えたので、来年の始動が早まるのは心配」などと出場へ否定的な見解を示していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース