西武・浅村は5500万円増、「3」背負う新主将「チームの顔になりたい」

[ 2016年12月7日 16:53 ]

契約更改を終え来季への決意を語る西武・浅村
Photo By スポニチ

 西武・浅村栄斗内野手(26)が7日、西武プリンスドームで契約更改交渉に臨み、5500万円アップの1億5500万円でサインした。

 今季は開幕直後に極度の打撃不振に陥ったものの、最終的にリーグ2位の172安打、同3位となる打率・309をマークした。さらに、82打点、24本塁打で昨季を上回る成績を残し、二塁手でベストナインも受賞した。大幅アップを勝ち取り、「非常にうれしく思いますし、同時にやらなければという気持ちが強くなった。序盤は苦しかったけど、トータルでみればよかった」

 来季から背番号が「32」から「3」に変更され、辻新監督から新キャプテンにも指命された。チームの顔になりつつある新リーダーは「3番はライオンズの顔だった選手がつけてきた番号。自分も顔になりたい。若い選手はキャプテンの姿をみると思うので、行動が大事になってくる。来季はすべてでキャリアハイをを目指したい」と来季の目標を掲げた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース