楽天移籍の小山 先発でも中継ぎでも「言われたところで」

[ 2016年12月7日 05:30 ]

小山(左)は宮越副会長補佐と握手
Photo By スポニチ

 巨人から楽天にトレード移籍した小山が仙台市内の球団事務所で入団会見に臨み、「チームに貢献して優勝したい。1軍で活躍して楽天に恩返ししたい」と意気込んだ。

 今季1軍登板は9試合ながら、2軍では夏場から抑えを任されるなど22試合で4勝3敗4セーブ、防御率1・96。「先発、中継ぎ、言われたところで頑張る」とした上で「短いイニングで力を出し切る新しい発見があった」と抑えでは150キロ超の球を計測した。楽天の小山と言えば、昨年現役を引退した小山伸一郎2軍投手コーチのイメージが強いが、細身の長身右腕は「一日でも早く顔と名前を覚えてもらえるようにしたい」と新たな小山像をつくる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース