MVPは大谷 ベストナインW受賞に続く栄冠 セは広島・新井がリーグ最年長受賞

[ 2016年11月28日 18:20 ]

パ・リーグMVPの日本ハム・大谷(左)とセ・リーグMVPの広島・新井
Photo By スポニチ

 プロ野球の「NPB AWARDS 2016 supported by リポビタンD」が28日、都内のホテルで開かれ、最優秀選手(MVP)にパ・リーグは日本ハムの大谷翔平投手(22)、セ・リーグは広島・新井貴浩内野手(39)がそれぞれ選ばれた。

 大谷は、規定投球回と規定打席には到達していないものの、投手として21試合で10勝4敗、防御率1・86、打者としては打率・322、22本、67打点と投打にハイレベルな成績を挙げた。投手とベストDHで史上初のダブル受賞を達成したベストナインに続き、リーグ最高の栄冠を初めて手にした。

 新井は打率・300、19本塁打、101打点をマーク。投手の黒田とともにチームを精神的にも支え、球団25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。セでは、ほかにも史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した山田(ヤクルト)、本塁打、打点の2冠王の筒香(DeNA)もいたが、優勝への貢献度が高く評価され、初受賞となった。39歳304日での受賞はリーグ最年長記録となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年11月28日のニュース