ロッテ デスパイネ残留交渉で「最大限の条件提示」 結論まで2週間

[ 2016年11月28日 13:15 ]

 キューバで政府とのデスパイネ残留交渉を行い、26日に帰国したロッテ・林信平球団本部長が28日、QVCマリンで取材に応じた。

 「デスパイネは大事な戦力なので球団から最大限の条件提示をして、協議してきた。(結論まで)2週間くらいかかる感じ」と見通しを示した。

 現地でデスパイネ本人とも会談した林本部長は「本人はロッテでプレーしたいと口にしている。政府は常に“本人の意向を尊重する”と言っている」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月28日のニュース