楽天 ウィーラー、アマダーら4外国人選手と契約

[ 2016年11月28日 18:07 ]

来季の契約を結んだ楽天・ウィーラー
Photo By スポニチ

 楽天は28日、ゼラス・ウィーラー内野手(29)、ジャフェット・アマダー内野手(29)、カルロス・ペゲーロ外野手(29)、育成のソン・チャーホウ投手(24)と来季の契約を結んだことを発表した。

 ウィーラーは今季、140試合に出場し、チーム最多27本塁打、打率265、88打点を記録。球団を通じ「楽天で3度目のシーズンを迎えられることにとても興奮しています。最高の仲間たちに新しく若い選手たちが加わる来シーズンが今から待ち通しです。素晴らしいシーズンにできるようチームのために一生懸命プレーします」とコメントを発表した。

 アマダーは開幕前に左手首を痛めるなど39試合の出場にとどまったが、9本塁打をマーク。「目標はけがなく1年間過ごし、チームの勝利に1つでも多く貢献することです」とコメントした。

 ペゲーロはシーズン途中の7月に加入。51試合で10本塁打を放ち「家族と同じように愛するチームメイトたちと毎日を楽しみたい。ネバーギブアップの精神で最後まで全力を尽くして戦い抜くことを約束します」と話した。

 ソン・チャーホウはイースタン・リーグで15試合に登板し6勝3敗、防御率2・44。「今年1年で仙台という街が好きになりました。目標はもちろん1日も早い支配下登録です。今年の経験を存分に生かし、キャンプ初めからアピールしていきたい」とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月28日のニュース