メジャーの“顔”トラウト 等身大の人形完成「寝室には置けない」

[ 2015年7月25日 18:49 ]

エンゼルスのマイク・トラウト外野手とその等身大のバブルヘッド人形 (AP)

 エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムのレフトスタンド付近に同球団の看板選手であるマイク・トラウト外野手(23)の等身大のバブルヘッド人形がお目見えした。

 トラウトは14日に行われたオールスター戦で史上初となる2年連続でのMVPに輝き、昨季限りで引退したヤンキースのデレク・ジーターの後継者として今やメジャーリーグの“顔”となりつつある。 

 製作には90日近くかかったというこの高さ1メートル88のバブルヘッド人形は、トラウトの昨季リーグMVPを祝して作成されたものとのことで、本人は「すごいね。今までの自分のバブルヘッド人形で最高じゃないかな」とご満悦。ただ、あまりの大きさに「寝室には置けないけれどね」とジョークで周囲を笑わせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月25日のニュース