日本ハム 土壇場で逆転!レアード決勝打!西武は今季ワースト5連敗

[ 2015年7月25日 22:05 ]

<西・日>9回、1死二、三塁の場面で勝ち越しの左適時二塁打を放つレアード

パ・リーグ 日本ハム6―4西武

(7月25日 西武プリンス)
 日本ハムが土壇場での逆転勝利で2連勝。西武とのカード勝ち越しを決めた。

 日本ハムは3―4と1点を追う9回、西武の守護神・高橋朋から陽の四球と近藤の左前打で1死一、二塁とすると、代打・石川慎が中越え適時二塁打を放ち同点。続くレアードには左越え2点適時二塁打が飛び出して勝ち越しに成功した。

 先発の吉川を引き継ぎ、7回途中から登板した2番手・白村が1回1/3、無安打無失点と好投を見せてチームの流れを引き寄せた。白星はその白村について今季初勝利。9回は増井が3人で締めて26セーブ目。

 西武は初回に2得点を挙げ、先発の野上も6回1失点と好投。序盤から試合を優位に進めていたが、高橋朋が3試合連続でのセーブ失敗で痛い星を落とした。チームはこれで今季ワーストの5連敗。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年7月25日のニュース