専大松戸2年連速決勝!エース・原 テンポ良く1失点完投

[ 2015年7月25日 05:30 ]

<専大松戸・木更津総合>1失点完投勝利でチームを決勝に導いた専大松戸・原

第97回全国高校野球選手権千葉大会準決勝 専大松戸3―1木更津総合

(7月24日 QVC)
 今秋ドラフト候補に挙がる専大松戸のエース右腕・原が4安打1失点で完投。2年連続で決勝進出を果たし「三振は少ないがテンポが良かった」と振り返った。

 打線は9安打で援護。先制2ランを含む3安打の活躍を見せた6番・猪爪は「初球から甘い球が来たので。審判が腕を回して初めて分かった」と公式戦初本塁打を喜んだ。昨夏決勝は東海大望洋に敗戦。初の甲子園出場に向け、持丸修一監督は「子供たちを信じて任せるだけ」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月25日のニュース