東海大菅生 春夏連続甲子園王手!勝俣 清宮斬り自信

[ 2015年7月25日 05:30 ]

<東海大菅生・国学院久我山>力投する東海大菅生・勝俣

第97回全国高校野球選手権西東京大会準決勝 東海大菅生5―3国学院久我山

(7月24日 神宮)
 東海大菅生が春夏連続の甲子園へ王手をかけた。今秋ドラフト候補の二刀流右腕・勝俣は5―2の8回1死一、三塁から登板。1回2/3を1安打無失点の好救援を見せ「ピンチの方が好き。やってやるぞという気持ちになる」と胸を張った。4番としても5回に左翼線適時二塁打を放った。

 今センバツでは1回戦で大阪桐蔭に0―8で敗れた。帽子の裏に「誇」と記し、迎えた最後の夏。日々の練習では早実の3、4番を打つ清宮と加藤を想定した投げ込みも行った。その早実が決勝の相手となり、「(清宮は)内角を攻めて、外角にスライダー、フォーク。イメージはできている」と自信を見せた。昨夏は決勝で日大鶴ケ丘に敗れた。先輩の思いも背負い、「気を引き締めていく」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月25日のニュース