片岡、プロ野球37人目の通算200犠打達成

[ 2015年7月25日 18:24 ]

<広・巨1回無死一塁、投げ前送りバントを決め、通算200犠打を達成した巨人・片岡

セ・リーグ 巨人―広島

(7月25日 マツダ)
 巨人の片岡治大内野手(32)が25日の広島戦(マツダ)で通算200犠打を達成した。プロ野球史上37人目。

 片岡は「2番・二塁」で出場。初回無死一塁から投前送りバントを決め、大台に到達。「チームに貢献できている数字なので嬉しいです。これからも自分の与えられた仕事をしていきたい」とコメントした。

 片岡は6月11日の日本ハム戦で右足に張りを訴えて途中交代。「右ふくらはぎ肉離れ」と診断されて登録抹消。24日に1軍復帰を果たしたばかりだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年7月25日のニュース