イチロー今季初マルチ 急きょ先発「気持ちの準備できていなかった」が結果

[ 2015年4月22日 10:40 ]

フィリーズ戦の5回、左前打を放つマーリンズのイチロー

ナ・リーグ マーリンズ3―7フィリーズ

(4月21日 フィラデルフィア)
 マーリンズのイチローは21日、フィラデルフィアで行われたフィリーズ戦に「6番・左翼」で17日以来、3試合ぶり今季5度目の先発出場し、4打数2安打、1得点で今季初のマルチ安打を記録した。打率は2割5分9厘となった。

 第1打席の2回は1死走者なしで左ライナー。1―2で迎えた5回には先頭打者で左前打を放ち、後続の連打で同点のホームを踏んだ。逆転に成功し迎えた6回にも1死一塁で左前打を放ち、今季初のマルチ安打を達成した。8回には1死二塁で左ライナーだった。

 この2安打でイチローのメジャー通算は2851安打となり、3度首位打者に輝いたジェシー・バーケット氏を抜かして歴代44位に浮上。マーリンズ正左翼手のイエリチが腰を痛め、試合開始の約30分前に急きょ先発となったが、きっちり結果を出してみせた。

 だが、試合は6回、7回に失点して逆転を許し3―7で敗れ今季ワーストの5連敗。同じナ・リーグ東地区4位のフィリーズに2ゲームをつけられ、3勝11敗の最下位となかなか浮上のきっかけをつかめないでいる。

 ▼イチローの話 きょうはさすがに気持ちの準備ができていなかった。でも体はできていたから何とかなる。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月22日のニュース