兵庫ディオーネ 競り勝ち単独首位、太田がプロ初安打初打点

[ 2015年4月22日 05:30 ]

<兵庫・埼玉>勝利打点を挙げた太田

日本女子プロ野球ヴィクトリアシリーズ前期 兵庫ディオーネ4―3埼玉アストライア

(4月21日 洲本市民)
 ヴィクトリアシリーズ前期は、兵庫ディオーネが埼玉アストライアを4―3で下し、単独首位に立った。

 初回に太田が2死一、三塁から左中間へプロ初安打初打点となる2点適時二塁打を放つなど3点を先制。2回にも小久保の適時二塁打で1点を加えた。投げては泉、村田のリレーで逃げ切った。「5番・左翼」でプロ初のスタメン出場し、期待に応えた太田は「タイミングが合ったので思い切りスイングした。本拠地で打てて良かった」とホッとした表情だった。敗れたアストライアは3連敗で3位に後退した。

 ▽第2戦 (洲本市民)
埼玉アストライア
 010 000 2─3
 310 000 X─4
兵庫ディオーネ
 (埼)大田―今井
 (兵)泉、村田―寺部

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月22日のニュース