勝利の方程式で逃げ切る!上原2S目 田沢は7試合連続無失点

[ 2015年4月22日 11:27 ]

今季2セーブ目を挙げ、捕手のハニガンとハイタッチする上原(AP)

 レッドソックスは21日、セントピーターズバーグで行われたレイズ戦で1―0で迎えた終盤を田沢、上原のリレーで逃げ切り、2連勝をマークした。

 この日3回に1点を挙げたレッドソックスだが。8回に4番手で登板し、わずか6球で1回を三者凡退、1三振に抑えた。開幕から7試合連続無失点をキープしており、防御率は0・00。

 さらに9回には抑えの上原が登板、先頭の3番フォーサイスに左前打を許したが、4番ロンゴリアをスプリットで三ゴロ併殺打に。最後の打者を三ゴロに打ち取り今季2セーブ目を挙げた。上原も今季3試合目で防御率0・00。

 チームも開幕から5カード連続で初戦に勝ち、9勝5敗として、ア・リーグ東地区の首位をキープした。

 ▼上原の話(1点差を守りきり)ほっとしている。(先頭打者に許した安打は)初球からどんどん来るというのは最近の傾向なので、あれは完全に自分のミス。勝ったので、切り替えていく。

 ▼田沢の話 いい形で上原さんにつなげたのは大きい。(開幕から5カード連続で初戦に勝ち)引き続きそうやっていけるように、少しでも力になれたらいい。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月22日のニュース