DeNA2年ぶり7連敗 同点直後9回に守護神・山崎康2失点

[ 2015年4月22日 05:30 ]

<D・神>9回2死一、二塁、ゴメス(右)に決勝2点二塁打を浴びた山崎康はガックリ

セ・リーグ DeNA3―5阪神

(4月21日 横浜)
 阪神に競り負け、DeNAは2年ぶりの7連敗。中畑監督は「後半に追い付いて、いけるムードをつくったけど、詰めの1球で若さが出るのがつらい」と厳しい表情で話した。

 3―3の9回に守護神のルーキー山崎康が2死一、二塁からゴメスに勝ち越しの2点二塁打。6回まで完全に抑えられた岩田を7回に攻略し、8回2死無走者で代打・後藤が左中間1号ソロで追いついたが、その直後に暗転した。最大で4あった貯金を吐き出し、借金は3。首位に立った時の勢いは消えうせ、投打はかみ合わないまま。中畑監督は「勝たないといけない。勝負の世界」と険しい顔だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月22日のニュース