県岐阜商・高橋 スプリット解禁も「全国レベルを思い知りました」

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<浦和学院・県岐阜商>7回無死一、三塁、荒木に適時打を浴び声を上げる県岐阜商・高橋
Photo By スポニチ

第87回センバツ高校野球第9日・準々決勝 県岐阜商0―5浦和学院

(3月29日 甲子園)
 11安打5失点。浦和学院打線に屈した県岐阜商の高橋は「完敗です。悔しさがないくらい向こうが上でした」とさばさばした表情だった。

 この日は宝刀スプリットを解禁。「全ての球種で勝負」に出たが、終盤は勝負球を見透かされるように痛打を浴びた。7回に3連打などで3点を奪われ、8回は連続二塁打を浴び、さらに失点を重ねた。最速147キロの直球、変化球の切れはともに悪くなかったが「相手の読みを外してもバットに当てる技術があった。2、3巡目から振り抜いてきた。全国レベルを思い知りました。甲子園ではまだまだ通用しない」と脱帽した。

 土は持ち帰らなかった。目標に掲げる日本一を夏に実現させるためだ。「夏はとことん勝ちにこだわり、全国制覇したい」。1、2回戦で2桁三振を奪い、ともに150キロをマークし、主将として全力でチームを引っ張ってきた。プロ注目の右腕は、「持っている力以上のものが出る場所」と話した甲子園にひとときの別れを告げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース