健大高崎 不発…機動力破壊 けん制死や走塁死で流れつかめず

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<高崎健康福祉大高崎・東海大四>準々決勝で敗れ、甲子園を後にする高崎健康福祉大高崎ナイン

第87回センバツ高校野球第9日・準々決勝 高崎健康福祉大高崎0―1東海大四

(3月29日 甲子園)
 高崎健康福祉大高崎(群馬)は「機動破壊」が不発に終わり、零敗を喫した。

 序盤にけん制死や走塁死が相次いで流れをつかめず、青柳博文監督は「まだまだ走塁に雑な面があって、好機をつぶした。走らなきゃという焦りがあった…」と唇をかんだ。初回、二塁走者として左邪飛で三塁を目指すもタッチアウトとなった2番・林は「全国の厳しさを教わった」と涙目。投手陣は、今大会3試合3失点と安定していただけに、悔やみきれない敗退となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース