なんと1イニング20得点!チーム12本塁打を含む31安打34点の試合は記録ずくめ

[ 2015年3月30日 15:20 ]

 全米大学野球の一部校、ベルモント大(テネシー州)が29日に行われたテネシー大マーティン校との試合ですさまじい記録を樹立した。9―4で迎えた6回表に大量20点を加えたもので、打者数(26)塁打数(43)打点(20)は1イニングにおける全米大学新記録。1イニング7本塁打は01年に南ユタ大が西イリノイ戦でマークした全米大学記録に並んだ。1イニング20点は全米記録にあと「1」と迫る歴代2位。6回での得点としては史上最多となった。

 結局ベ大はこの試合で12本塁打を含む31安打を放って34―10で勝利を収め今季は13勝11敗。この試合は同じオハイオバレー・カンファレンスに所属する両校による3連戦の最終戦で、テ大(8勝17敗)は27日には7―4、28日には5―4で勝っていた。ちなみに5番手で6回途中で登板したロー投手は、1/3回で3発を浴び被安打10で7点を失っている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月30日のニュース