中日・谷繁監督 新人から27年連続出場 6回守備から途中出場

[ 2015年3月30日 07:22 ]

<神・中>選手として今季初出場を果たすも開幕3連敗に肩を落とす谷繁兼任監督(中央)

セ・リーグ 中日8-10阪神

(3月29日 京セラD)
 指揮官自らマスクをかぶって流れを変えたが、白星までは呼べなかった。3―9の6回の守備から中日の谷繁兼任監督が松井雅に代わって今季初出場。田島と組んだこの回を3者凡退に抑え7回の逆襲につなげた。

 開幕3連敗は1980年以来で当時は6連敗まで伸びてシーズン最下位に終わっている。「とにかく前を向いて行くしかない」と出直しを期した。

 ≪27年連続出場≫谷繁(中)が阪神戦の6回から守備に就き、大洋1年目の89年から27年連続出場となった。新人からの連続出場年数としては工藤公康(西、29年)、中嶋聡(日、28年)に次ぐ記録。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース