ヤクルト打線またもゴロの山…山田脱帽「甘い球が全然なかった」

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<広・ヤ>初回無死、黒田は山田を三塁ゴロに仕留める

セ・リーグ ヤクルト1-2広島

(3月29日 マツダ)
 ヤクルトは黒田の前に7回まで5安打を放つも無得点。初対戦だった8日のオープン戦(マツダ)では5回途中まで無得点に抑えられたが、この日も動く球に手を出し凡打を重ねた。

 杉村打撃コーチは「オープン戦より悪く、球が浮いていたが…。全部ゴロになってしまうので、ライナー性の打球を打たないと」と厳しい表情。6回の第3打席で見逃し三振に倒れるなど、黒田に3打数無安打だった山田は「めちゃくちゃ制球が良かった。厳しいところにきて、甘い球が全然なかった」と脱帽した。

 ▼ヤクルト・杉浦(5回2死から連続四球を与え、梵に右前適時打)あれは防げる失点だった。慎重にいきすぎての四球が多かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース