宇草プレーボール弾も…常総 逆転負けで4強ならず

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<大阪桐蔭・常総学院>終盤に逆転され4強進出ならず…肩を落とす常総学院ナイン

第87回センバツ高校野球第9日・準々決勝 常総学院3―5大阪桐蔭

(3月29日 甲子園)
 常総学院(茨城)は14年ぶりの4強入りはならなかった。

 初回、宇草がプレーボール直後の初球を中越え本塁打。4回にも2点を勝ち越したが、3失策が絡んで逆転負け。雨でグラウンドがぬかるむ中での敗戦に、佐々木力監督は「お互い雨の中で練習はしてきている。ちょっとしたミスが命取り。課題ですね」と振り返った。先発の2年生左腕・鈴木は3回に今大会初失点を喫するなど8回6安打5失点(自責3)。「いつもと同じ調子でやれたが、どんどん合わせられた」と悔やんだ。

 ▼常総学院・木内幸男前監督 よくやったと思う。打つことはできた。守りはつくり直せる。

 ≪プレーボール弾≫常総学院・宇草が初回表の初球を本塁打。センバツの初回表先頭打者本塁打は11年大垣日大・畑が東北戦で打って以来12本目。うち初球は4人目、チームが敗れたのは3人目で、1番打者がプレーボール弾を放ちながら敗戦は初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース