メジャーNo・1投手カーショー 黒田との4年間は「僕の財産」

[ 2015年3月30日 06:30 ]

ドジャース時代、カーショー(左)に肩をもまれて笑顔の黒田。別々のチームとなっても2人は固い絆で結ばれている

セ・リーグ 広島2-1ヤクルト

(3月29日 マツダ)
 メジャーNo・1投手が、黒田に熱いエールを送った。若くして既に3度のサイ・ヤング賞を獲得しているドジャースのクレイトン・カーショー投手(27)。新人だった08年にキャッチボール相手を務めたのが黒田で、別々のチームとなってからも2人は固い絆で結ばれている。

 ヒロがドジャースにいた頃は、ほとんど一緒にいたし、お互いを深く知ることができた。彼の心の中にいつもカープの存在があることは気付いていたし、選手生活の最後はそこでという選択肢を持っていたことも分かっていた。だからこうしてカープのユニホームを着て、公式戦のマウンドに立ったことは僕自身もとてもうれしく思う。

 08年、初めてヒロと会った時、僕はまだルーキー。彼は既に多くの経験を積んだ本当のプロで、年齢差もあり、立場も違ったけど、毎日いろいろな話をした。オフにFAになることが分かっていた11年シーズンの最後には「ドジャースに残ってほしい」ということも伝えた。ただ、彼はヤンキースに行きたくて行ったのだし、ドジャースで4年間、いい時間を過ごせたことは僕の財産だ。

 40歳になった今でもあれだけの投球ができるのは、それだけ体のケアをしっかりしてきた証拠。僕はヒロのプロフェッショナルな姿勢を知っているので驚かないけど、普通に考えれば感嘆すべきことなのだろう。僕らは本当にいい友人同士。僕がメジャーで投手として引退した後は、ヒロが愛するカープのユニホームを着て、一塁手としてプレーしたいと思っている。(ドジャース投手)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月30日のニュース