大阪桐蔭 下位打線で逆転4強!夏春連覇へあと2勝

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<大阪桐蔭・常総学院>7回2死一塁、大阪桐蔭・吉沢が同点の適時二塁打を放つ

第87回センバツ高校野球第9日・準々決勝 大阪桐蔭5―3常総学院

(3月29日 甲子園)
 大阪桐蔭は6、7、8番の3人で全6安打を放ち、逆転勝ちした。

 3回に一度は同点に追いついたものの、4回に再び2点のリードを許し、ベンチに重い空気が漂い始めた。だが、5回1死で福田が最も深い右中間の観客席へ豪快に放物線を描いた。1点を追う7回は2死から中前打で出塁すると、8番吉沢が同点二塁打。3安打で逆転の原動力となった2年生は「普段は上位が打つ。こういうときこそ、打たないといけない」と頼もしかった。史上5校目の夏春連覇まで、あと2勝。昨夏の優勝メンバーである4番・青柳の不振などもあり、西谷浩一監督は「まだ手応えのある試合ができていない」と評価は厳しいが、偉業に向けて視界はどんどん広がっていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース