敦賀気比・平沼 サヨナラ呼んだ!自ら先制弾&3戦オール完投

[ 2015年3月30日 05:30 ]

<敦賀気比・静岡>初回2死二塁、敦賀気比・平沼が先制の2ランを放つ

第87回センバツ高校野球第9日・準々決勝 敦賀気比4―3静岡

(3月29日 甲子園)
 雨中でKOされた昨夏の悪夢から217日、敦賀気比の平沼が「エースで4番」の責任を全うした。雨でぬかるんだマウンドに苦しみながらも、3失点(自責1)完投。今大会初のサヨナラ勝利を呼ぶ粘投に「スパイクが重くなり、ユニホームも濡れて動きにくく、正直、投げにくかった。いつも以上に慎重にいきました」と話した。

 3点リードの5回、1点を返されなおも2死二、三塁で鈴木の飛球を中堅・山本が落球し同点とされた。一気に崩れかけそうになったが、「ミスはつきもの」と切り替え、6回以降は1安打に抑えた。初回に右翼ポール際へ甲子園初アーチとなる先制2ランと投打に活躍。準決勝の相手は昨夏、12失点KOされた大阪桐蔭だ。全3試合完投の右腕は「(あの試合は)一生忘れられない。チャレンジャーの気持ちで思い切りぶつかる」とリベンジを誓った。

 ▼敦賀気比・林中(9回2死一、二塁から左越えのサヨナラ二塁打)サヨナラ打は小学生の時に打って以来。特別な場所だし気持ち良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月30日のニュース