ムネリン マイナー降格と“勘違い”「英語力にちょっと不安」

[ 2015年3月22日 05:30 ]

オープン戦の遠征メンバーから外れ、守備練習をするブルージェイズの川崎

 ブルージェイズの川崎が英語を聞き間違えて、マイナー降格と勘違いするドタバタ劇があった。この日はチームの遠征メンバーから外れたが、自主練習後に「ミステーク!」と舌をペロリと出した。

 前日の試合後、ジョン・ギボンズ監督から今後は調整としてマイナーの試合に出場する可能性があることを伝えられたのを「あすの遠征に行かなくていい。あさってからマイナーだ」と間違って理解。報道陣にも「僕はマイナー契約だし、これが普通です」と話し、覚悟を決めた。その後に関係者から「聞き間違えだと思う」と伝えられ、実際に一夜明けてもマイナー行きの発表はなかった。今オープン戦は打率.333と好調。12年のメジャー移籍以来、通訳なしで英語習得に励んでいる川崎だが「英語力にちょっと不安。お先真っ暗ですよ」と苦笑いしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月22日のニュース