球児 初の2イニングも合格点「状態が上がってきた」

[ 2015年3月22日 05:30 ]

マイナー選手主体の紅白戦で、2イニングを投げたレンジャーズ・藤川

 レンジャーズの藤川がマイナー選手主体の紅白戦に5回から登板し、今キャンプで初めて2イニングを投げた。

 試合前にジェフ・バニスター監督が「複数回を投げられる救援陣が欲しい」と話した直後の試合。味方の拙守絡みで1イニング目に1失点したものの、2イニング目は高めの直球で2度空振りを奪うなど球威は落ちず、2回1失点と合格点の投球を見せた。昨季右肘手術から復帰した右腕は「球数が増えるたびに状態が上がってきた」と納得の表情。ダルビッシュが離脱して救援陣の負担増が予想されるだけに「2イニング投げないといけない場合もある」と大リーグで過去2度しかない回またぎの登板に意欲を見せていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月22日のニュース