オープン戦 ソフトバンク1位で終了 DeNAとロッテが2位

[ 2015年3月22日 18:23 ]

 プロ野球のオープン戦は22日、各地で6試合が行われ、全日程を終えた。2年連続日本一を目指すソフトバンクが11勝5敗1分けの勝率6割8分8厘で1位、2位には10勝5敗1分けのロッテと8勝4敗3分けのDeNAが勝率6割6分7厘で並んだ。

 セ、パ両リーグは27日に開幕する。セは巨人―DeNA(東京ドーム)阪神―中日(京セラドーム大阪)広島―ヤクルト(マツダスタジアム)、パは日本ハム―楽天(札幌ドーム)西武―オリックス(西武プリンスドーム)ソフトバンク―ロッテ(ヤフオクドーム)の組み合わせで全てナイターで行われる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月22日のニュース