先発DHと代打に投手起用!中日・谷繁監督 珍采配のワケ

[ 2015年3月22日 05:30 ]

<中・楽>7回無死一塁、送りバンドを決める代打・吉見

オープン戦 中日2-2楽天

(3月21日 ナゴヤD)
 谷繁流の珍さい配だ。オープン戦残り2試合という段階で、「9番・DH」で投手の朝倉をスタメン起用。さらに2―1の7回無死一塁では、松井雅の代打に吉見を送りナゴヤドームをどよめかせた。

 「来週からセ・リーグの試合が始まるんで、打席に1回でも立てるようにね。その準備です」

 ここまでのオープン戦は全試合でDHを使用。この日は先発投手をそのまま打順に入れる手もあったが、それでは一人しか打席に立てないために考え出された策だった。

 「本当はもう一人(大野)使いたかったけど、出す場面がなかったね」

 3回1死無走者で回ってきた朝倉は見逃し三振だったが、吉見は追い込まれながらもスリーバントを成功。シーズン中はありえない「代打」での出場に「めちゃくちゃ緊張した」と照れ笑いだ。

 昨季の投手陣の打率は・091でリーグワースト。一発長打よりも、チャンスを確実にものにする攻撃を目指すチームだけに、投手のバントも軽視できない。指揮官が本番モードに入った証しのさい配だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月22日のニュース