広島 10年ぶりOP戦最下位危機 過去シーズン順位は…

[ 2015年3月22日 05:30 ]

<ソ・広>緒方監督(右)に説明する杉永三塁塁審

オープン戦 広島2-3ソフトバンク

(3月21日 ヤフオクD)
 広島が誤審でオープン戦最下位に転落した。2点リードの9回1死一、三塁。柳田の左中間への打球はヤフオクドームに新設されたホームランテラスの壁を直撃。しかし、三塁塁審・杉永は手を回して「本塁打」を示した。一塁走者の高田は三塁コーチとハイタッチしようと足を緩めたが、広島野手陣はプレーを続行。高田に三本間でタッチした。

 1点を返されたものの2死。あと一人…のはずが、杉永塁審がミスを認めて「二塁打」と修正した。2―1、なお1死二、三塁で試合再開。サヨナラ負けを喫した。

 打線は決定打を欠き、9回はヒースが四球絡みでピンチを招いて敗戦のきっかけを作った。緒方監督は「ヒースは抑えで行く」としたうえで「勝ちを想定した中での負けは正直、こたえる。シーズンの教訓にできるように」と語気を強めた。

 オープン戦はわずか2勝で現状12球団で最低勝率。22日の結果で最下位となれば2005年以来10年ぶりだ。最後にリーグ制覇した1991年以降、オープン戦最下位は2度で、その年のシーズン順位は5位と6位。悪しき数字に飲み込まれないよう、勝ってオープン戦を終わりたい。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月22日のニュース