オリ比嘉 34試合連続無失点 03年豊田のパ記録に並んだ

[ 2014年9月25日 19:50 ]

34試合連続無失点のパ・リーグ記録を達成したオリックス・比嘉

パ・リーグ オリックス―西武

(9月25日 京セラD)
 オリックスの比嘉幹貴投手(31)が25日の西武戦23回戦(京セラD)の2番手として登板し、1回2/3を無失点抑えて34試合連続無失点として、03年に豊田清(西武)がマークしたパ・リーグ記録に並んだ。

 3回1死三塁の場面で、先発・松葉に代わりマウンドに上がった比嘉は渡辺を遊ゴロ併殺打に打ち取って“火消し”に成功。4回は先頭の浅村に中前打を許したが、中村、メヒアの長距離砲をそれぞれ空振り三振、中飛に抑えると、続く山川を三ゴロに仕留めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月25日のニュース