ソフト痛恨3連敗でオリックスにマジック7点灯 五十嵐がまさかの乱調

[ 2014年9月25日 22:14 ]

<ソ・楽>7回2死満塁、岩崎に押し出し四球を与え勝ち越しを許した五十嵐はマウンド上でしゃがみ込む

パ・リーグ ソフトバンク7―8楽天

(9月25日 ヤフオクD)
 楽天が点の取り合いを制して、首位ソフトバンクに3連勝した。

 打線は3点を追う6回1死一、二塁、松井稼のこの日3打点目となる右翼への適時二塁打で1点を返して2点差。7回には1死満塁から、嶋、枡田の連続四球で同点に追いつくと、2死満塁から岩崎が四球を選び勝ち越し、続く西田も四球となりこの回4つの押し出し四球でリードを広げた。

 投げては先発の則本が8回を投げ11安打7失点(自責3)と苦しみながらも今季14勝目を挙げた。

 ソフトバンクは5番手・五十嵐が4つの押し出し四球で逆転を許すなど大誤算。痛恨の3連敗で2位オリックスのマジックナンバー「7」点灯をアシストしてしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月25日のニュース