青学大 小林&吉田が連弾!亜大から3季ぶり白星

[ 2014年9月25日 05:30 ]

<亜大・青学大>3回2死三塁、青学大・小林は右越え2ランを放つ

東都大学野球第4週第1日 青学大3―2亜大

(9月24日 神宮)
 青学大は吉田正尚外野手(3年)の勝ち越しソロなど一発攻勢で亜大に3―2で逆転勝ち。福本翼投手(4年)が3戦連続完投で3勝目を挙げた。

 青学大は小林、吉田の連続本塁打で逆転し、亜大から3季ぶりの白星を挙げた。3回に中堅右へ今季3号の決勝ソロを放った吉田は「うまく拾えた。一番良い形で振れた」と喜んだ。今夏ハーレム国際大会で日本代表入り。外国人投手特有の動く球に対応した結果、「体が開かなくなった」と効果を口にした。敦賀気比(福井)時代は通算52発の左の強打者。この日4年生左腕・福本が完投したことには、「投手が試合をつくってくれる。あとは積極的にいくだけ」と刺激を受けていた。

 ▼亜大・生田勉監督(初回の2点を生かせず逆転負け)紙一重のプレーもあった。下を向くことはない。2戦目は調子の良い人から投げさせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月25日のニュース