青木、4試合連続安打も…ロイヤルズ痛い逆転負け

[ 2014年9月25日 11:46 ]

インディアンス戦の5回、右前打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ4―6インディアンス

(9月24日 クリーブランド)
 米大リーグ、ロイヤルズの青木は24日(日本時間25日)、クリーブランドでのインディアンス戦に「2番・右翼」で出場、5打数1安打だった。

 第1打席で投ゴロ、3回の第2打席も中飛に倒れた青木だが、5回の第3打席では4試合連続安打となる右前打を放ち、バトラーの適時二塁打で生還した。6回の第4打席は左飛、9回の第5打席は遊ゴロに終わった。

 ロイヤルズは4―6で逆転負けし、連勝は3でストップ。この日、ア・リーグ中地区首位のタイガースが勝ったため、2位ロイヤルズとのゲーム差は2に広がり、優勝へのマジックを3とした。

 ▼青木の話 きょうは勝たないといけなかった。ゲーム差を考えると、優勝するには相手(タイガース)に負けてもらうしかない。(安打が)1本出たが、もう1本か2本、ほしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月25日のニュース