日本ハム 14残塁で連敗「バタバタする必要はない」

[ 2014年9月25日 05:30 ]

<ロ・日>3回無死一、三塁、クルーズの時に木佐貫(右)は降板となる

パ・リーグ 日本ハム5-9ロッテ

(9月24日 QVC)
 日本ハム先発の木佐貫が、3回途中5失点で降板。打線も5点を奪ったものの、14残塁の拙攻でロッテに連敗を喫した。

 これで4位の楽天に5・5ゲーム差に迫られたが、栗山監督は「残り試合を考えてもバタバタする必要はない。一人一人が、できることを最後までしっかりやりきるしかない」とゲーム差は意識せず、残り9試合を全力で戦うことに集中する構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月25日のニュース