中日 拙攻オンパレード5併殺「初回に1点でも…」

[ 2014年9月25日 05:30 ]

<中・巨>7回1死二、三塁、ルナの飛球を捕った橋本が本塁に送球、スタートを切った三走・森野は間に合わないと見て三塁に戻ろうとするが間に合わずタッチアウト

セ・リーグ 中日1-4巨人

(9月24日 ナゴヤD)
 中日はため息を誘うような拙攻が続いた。

 初回1死一、三塁、森野の投ゴロ併殺から4イニング連続を含む5併殺。谷繁兼任監督は「初回に1点でも取れていれば、違ったかもしれない」と渋い表情を見せた。極め付きは7回。暴投で1点差に迫り、なお1死二、三塁で代打ルナが右翼へ打ち上げて、犠飛で同点と思いきや、飛び出した三塁走者の森野は三塁へ引き返してタッチアウトとなった。拙守も目立ち、前日に4位以下が確定したとはいえ、覇気が感じられなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月25日のニュース