原監督 10試合ぶり2桁安打に「便秘気味の人もね、かなりスカッと」

[ 2014年9月17日 05:30 ]

<広・巨>6回1死三塁、坂本が左中間に適時二塁打を放つ

セ・リーグ 巨人7-1広島

(9月16日 マツダ)
 打線はいつかつながる。信じて待ち続けたかいがあった。巨人・原監督は何度も白い歯をのぞかせながら、貧打払拭(ふっしょく)を独特の言い回しで表現した。

 「ちょっと便秘気味の人もね、かなりスカッとというわけではないだろうけど、少し通ったという感じでしょう」

 「ゼロの呪縛」を解いたのは坂本だ。1点を追う6回。先頭の長野が右翼フェンス直撃の二塁打を放つと、橋本の中飛で1死三塁。ここで坂本は野村の初球、低めのスライダーを振り抜いた。左中間を破る同点の適時二塁打。前日まで2試合連続で零敗を喫していたチームに24イニングぶりの得点をもたらし「まぐれで打てました」とおどけた。

 自身も19打席ぶりの安打でトンネルから抜け出した。12日のDeNA戦(東京ドーム)から4試合連続無安打。8月にも24打席連続無安打で苦しんでおり、またも試練が訪れていた。それでも、好データで気持ちを奮い立たせた。今季、試合前の時点で野村から5打数4安打。2日の対戦(長野)でも0―1の初回に逆転3ランを放った。「だから、結果を恐れず初球から思い切っていけた」と振り返る余裕もあった。

 原監督が「枢軸」と表現するチームの中心選手である阿部、村田、長野、坂本がそろって打点をマーク。6月17日のオリックス戦(東京ドーム)以来、今季3度目となる枢軸の全員打点で6回以降は毎回得点を重ね、計7得点を挙げた。10試合ぶりの2桁安打でうっぷんを晴らした指揮官は「失礼!」と声を響かせ、会見を切り上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月17日のニュース