京葉銀行が連覇王手!代打桜井が“大仕事”V2ラン

[ 2014年9月17日 05:30 ]

<京葉銀行・セーレン>7回、京葉銀行の代打・桜井が勝ち越し2ランを放つ

スポニチ主催天皇賜杯第69回全日本軟式野球大会第4日準決勝 京葉銀行8―4セーレン

(9月16日 松山中央公園坊っちゃんスタジアム)
 準決勝2試合が行われ、連覇を狙う京葉銀行(千葉)はセーレン(福井)に逆転勝ち。決勝は17日に行われる。

 京葉銀行が逆転勝ちで連覇に王手をかけた。1点を追う7回、7番の兵藤が同点適時打を放つと、加藤秀行監督から「思い切って行け」と送り出された代打・桜井が左翼席に運ぶ決勝2ラン。全国大会初打席で大仕事をやってのけた。「手応えはあったけど、入るとは思わなかった。次もチーム全員で頑張る」。勝利の立役者は最高の笑顔を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月17日のニュース