上原1回零封 先頭二塁打も3連続三振「真っすぐがいい感じ」

[ 2014年9月17日 11:39 ]

パイレーツ戦の8回に登板し、1回を無失点に抑えたレッドソックス・上原

インターリーグ レッドソックス0―4パイレーツ

(9月16日 ピッツバーグ)
 レッドソックスの上原は16日(日本時間17日)、パイレーツ戦で0―4の8回に5番手で登板し、1回1安打無失点で3三振を奪った。勝敗などは付かず、チームはそのまま敗れた。

 上原は8回、先頭の4番ウォーカーに初球の速球を捉えられて右二塁打とされたが、その後は三者連続三振。マーティンをスプリットで空振り三振、マルテを速球で空振り三振、サンチェスをスプリットで見逃し三振に斬った。

 ▼上原の話 真っすぐがいい感じになってきている。真っすぐが生きれば、フォークも生きる。まだまだ、いいときの自分じゃない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月17日のニュース