SECカーボン 山内主将が投打で活躍 初の決勝進出

[ 2014年9月17日 05:30 ]

全日本軟式野球大会第4日準決勝 SECカーボン4―0JA長野厚生連佐久総合病院

(9月16日 松山中央公園坊っちゃんスタジアム)
 初優勝を狙うSECカーボン(京都)はJA長野厚生連佐久総合病院(長野)を4―0で下して初の決勝進出を決めた。決勝は17日に行われる。

 SECカーボンはキャプテンが決勝への道を切り開いた。初回、「1番・投手」の山内主将が右前打で出塁し、相手守備の乱れから2点を先制。投げては「初回から飛ばしていこう」と最速145キロの直球に変化球を織り交ぜ、6安打完封勝利を収めた。4連投の疲労に耐え、113球を投げ切った右腕は「全国初制覇、狙います」と優勝を宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月17日のニュース