メッツ新人右腕 28年ぶり初回先頭から8者連続三振

[ 2014年9月17日 05:30 ]

<メッツ・マーリンズ>初回先頭から8者連続三振を奪ったデグロム(AP)

ナ・リーグ メッツ5―6マーリンズ

(9月15日 ニューヨーク)
 マーリンズ戦に先発したメッツの新人デグロムが、初回先頭から8者連続三振のメジャータイ記録をマークした。

 86年のジム・デシェイズ(アストロズ)に並んだ26歳右腕は「気持ち良かった。速球には自信があるし、球もよく動いた」。続く9番の投手コサートに右前打されて新記録は逃した。結局7回で13三振を奪い、6安打3失点で降板したが、救援陣が打たれて9勝目は逃した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月17日のニュース