原巨人 勝利の方程式崩壊…山口&マシソン打たれ3点差守れず

[ 2014年8月28日 05:30 ]

<巨・神>8回無死二、三塁でゴメスへの投球も2ボールとなり、原監督(手前)は山口に気合を入れる

セ・リーグ 巨人4-5阪神

(8月27日 東京D)
 巨人は山口、マシソンの勝利の方程式を立てての逆転負け。敗戦のショックを引きずるわけにはいかない。巨人・原監督はサバサバと振り返った。

 「なかなかその後の1点が取れなかったということ。結果のことはね。ウチのスタイルで戦ったわけですから」

 3―1で逃げ切りを図る8回、4番手の山口が先頭から連続四死球でピンチを招く。鳥谷の右中間適時二塁打を浴び、なお二、三塁。原監督はマウンドに出向き、満塁策を取った。無死満塁。内野陣は同点まではOKとの併殺狙いの中間守備を敷き、狙い通り同点にとどめた。しかし、5番手のマシソンが2イニング目となった10回にゴメスに2ランを被弾した。

 2人がともに失点したのは今季4度目。昨年までの絶対的な安定感はない。特に山口は8月に入り、12回で12安打され、12四死球。左肘が下がり本来の球威、制球力を欠く。川口投手総合コーチも「山口は気持ちがボールに入っていない気がする。自信を持って投げてくれればいいんだけど」と話す。マシソンも体の開きが早く、高めに浮いた失投を痛打された。

 初回の3点以降、追加点を奪えなかった打線にも責任がある。故障者が続出し、本来の爆発力を望めない現状で、接戦の試合は続く。「実力不足。やり返すじゃないけど、貢献できるように頑張るだけ」と山口が話せば、マシソンも「失投をうまく打たれた。あすも投げられるなら、リベンジをしたい」と前を向いた。2人の修正能力と精神力を信じるしかない。

 首位に立つが、3位の広島までが2ゲーム差の大混戦。抜け出すには、投打ともに決め手を欠いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月28日のニュース