青木、3戦ぶりスタメンでマルチ&決勝打!ロイヤルズ逆転勝ち

[ 2014年8月28日 11:48 ]

ツインズsねの8回、勝ち越しとなる左前適時打を放つ青木(AP)

ア・リーグ ロイヤルズ6―1ツインズ

(8月27日 カンザスシティー)
 米大リーグはロイヤルズの青木は27日(日本時間28日)、カンザスシティーでのツインズ戦に「1番・右翼」で出場、4打数2安打1打点と活躍した。ロイヤルズは8回に一挙6点を奪って逆転勝ちし、2連勝。

 3試合ぶりにスタメン出場した青木は初回、一塁内野安打を放つと、8回に1死一、二塁から勝ち越しの左前適時打を放ち、16日以来のマルチ安打を記録した。第2打席は二ゴロ、第3打席は遊飛だった。

 ▼青木の話(8回に勝ち越しの左前適時打)あの場面で打てたのが全て。一番大事なところで1本出た。見逃せばボールだったかもしれないけど、いい球だった。身長の高いショートだったら、捕られていたかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月28日のニュース