初出場の三浦学苑が決勝へ 中京―崇徳は29日に再開

[ 2014年8月28日 18:21 ]

 第59回全国高校軟式野球選手権大会第4日は28日、兵庫県の明石トーカロ球場で準決勝が行われ、初出場の三浦学苑(南関東・神奈川)が福岡大大濠(北部九州)を2―1で破って決勝に進出した。櫨が中盤の2点を守って完投した。

 中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)は延長十五回に0―0で規定により、2010年の準決勝、中京―能代(北東北・秋田)以来のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となった。29日に十六回から再開され、決勝は30日に順延となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月28日のニュース