ソフトBエース摂津で負けた…今季ワーストタイ3連敗

[ 2014年8月28日 05:30 ]

<ソ・日>7回4失点で降板した摂津(右)

パ・リーグ ソフトバンク3-4日本ハム

(8月27日 ヤフオクD)
 打たれた瞬間、ソフトバンク・摂津は口を開けて何かを叫んだ。138キロの甘い直球。中田にはじき返された打球はバックスクリーン左へ突き刺さった。1点差の3回2死一塁、試合の流れを引き寄せることにたけた男が浴びた痛すぎる2ラン。エースはこのミスを悔いていた。

 「何もできませんでした…。流れも持ってこれなかった」。立ち上がり不安定なことはある。しかし、そこから最少失点で粘り、数多くの逆転を呼んできた。だが、この日は違った。2点差に詰め寄り、反撃ムードが高まった6回2死三塁。8番・近藤に105キロカーブを右前適時打された。初回、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の先制右前適時打に続き、中押し、ダメ押しと3段階での失点。15日のオリックス戦(京セラドーム)で打球を受けた右手親指は「問題なかった」と振り返るが、中11日の病み上がりのマウンドにいたのはいつもの摂津ではなかった。「序盤の1点は何とかなるけど、その後だよ。中田の一発は痛かった」と秋山監督も変化を感じ取っていた。

 チームは今季ワーストタイで4度目の3連敗。後半戦は初だ。2位・オリックスとのゲーム差は8月2日以来の1・5に縮まった。残りが5試合も多いライバルが仮に全勝すれば、順位が逆転する危険ライン。「楽には勝てないッス」。指揮官はそう、ため息交じりにつぶやいた。9連勝後、4勝8敗1分けと停滞ムード。ここが踏ん張りどころだ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月28日のニュース