阪神が接戦制して3連勝 関本決勝打!メッセ6勝目

[ 2014年7月4日 21:30 ]

<D・神> 7回2死一、二塁のピンチを切り抜けたメッセンジャーはガッツポーズを見せる

セ・リーグ 阪神3―2DeNA

(7月4日 静岡)
 阪神が終盤に勝ち越して3連勝。貯金1とした。

 2―2の同点で迎えた8回、1死満塁の場面で代打・関本の右犠飛で勝ち越しに成功。この貴重な1点を守り切り連勝を3に伸ばした。

 先発のメッセンジャーは7回を142球6安打2失点と力投を見せ6勝目。8回からは福原に継投し、9回は呉昇桓が試合を締めた。

 DeNAは先発の井納がメッセンジャーに劣らず、7回1/3、131球4安打3失点の投球を見せたものの、打線が3回の筒香の適時打などによる2得点のみで、その好投も報われず5敗目を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月4日のニュース