中日 守備妨害で好機しぼむ 森ヘッド抗議も…

[ 2014年7月4日 23:46 ]

セ・リーグ 中日3―4巨人

(7月4日 東京D)
 中日は8回に1点差と迫ってなお1死一、二塁で、藤井のゴロがマウンド上の久保に弾かれ、一塁走者の和田に当たって守備妨害となった。その後、2死満塁と攻めたが、反撃もここまで。

 二塁塁審の佐々木審判員は「二塁手の片岡選手が打球を処理しようとしていた。その守備機会を妨害した」と説明。監督代行の森ヘッドコーチが抗議したが判定は覆らなかった。谷繁監督は「審判団の見方を聞いた。選手も全力でやっているから」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月4日のニュース