井納6回の被弾を悔やむ中畑監督「1球の怖さですね」

[ 2014年7月4日 22:04 ]

<D・神>ベンチで肩を落とすDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA2―3阪神

(7月4日 静岡)
 DeNAは序盤、3回に筒香の適時打などで2点を先制。試合を有利に進めながらもそれまで好投を続けていた先発の井納が6回、マートンに同点2ラン弾を浴びた。

 「1球の怖さですね」とDeNA・中畑監督は井納の6回の1球を悔やんだ。

 試合はその後、8回に阪神に勝ち越しを許して敗戦。「メッセンジャーの点を取られてからのギアをチェンジする迫力。あれに押されてしまった。今日はメッセンジャーの気迫に負けましたね」と相手投手のピッチングを称え、足早に会見場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月4日のニュース